図書館の魔女

図書館といって思いつくのは、

「としょかんライオン」絵本

著;ミシェル・ヌードセン/ケビン・ホークス/訳:福本友美子

「図書館戦争」

著;有川浩


そして、図書館の思い出といえば、

小学校図書館で初めて「はだしのゲン」を読み

高校図書館での「風の谷のナウシカ」の分厚いマンガ、読みふけり

県立図書館での受験勉強

それぞれ図書館の雰囲気があって

やっぱり匂いかな~

同じ本が置いてある場所で、「本屋」と「図書館」は空気が全く違う。



昨日、テレビで「絵本の世界」を特集してた。

本の業界は低迷しているけれど、絵本の売り上げは伸びているらしい。

そこで、お母さんたちはどの本を選べばよいかストレスになっていると!!


絵本の数が増えているからね。

ストレスになるってとこミソだよな~と思ったわけで。

絵本を読み聞かせることは大事である~

したいことではないので、頭で本を選ぼうとする。

どの本が子どもにとっていいのか


検索して


だからストレス感じるのかな~

私にとっては、読み聞かせる時間を確保するのもストレスだったことがあるな~

でも、学校の「読み聞かせボランティア」してるな今笑

結局、本は好きなんだ。

前振りが長すぎましたね。

今回紹介するのは、図書館を舞台にした小説です(*’▽’)




スポンサーリンク



No.36図書館の魔女


本の写真
著;高田大介 全4巻

この本は、本屋で見つけました。

「読みたいランキング1位」といううたい文句には弱いかも。

内容は大事だけどね。



この本の魅力と言えば、

圧倒的な濃いファンタジー

たまにファンタジーは無理っていう人もいるけど、

私は面白ければ何でも大丈夫(*’▽’)


どこかのレビューであったけれど、多少1巻が進みにくいかもしれない。

導入がね。

あと、言葉が難しい。

ただ無知なだけなんだけど。知らない言葉が多くあった。

ただ、1巻が過ぎてしまえば、

時を忘れる時間が来る~(*’▽’)

少しだけ内容を・・

「魔女」は言うまでもなく「少女」で

それを守る「少年」がいる。

「魔女」は言葉を声にすることはできないけれど、

多くの言葉を知り、操る。

図書館にいながら国の行く末を読み解き、他国と交渉し国の未来をつくろうとする。


あ~上手く表現できない。

この本の面白さをどうしたら伝えられるか!!!!





言葉を知るということは、知らない概念を知ることになる。

多くの言葉を知ると、表現も豊富になる。

多くを知るということは、1つの事象から様々な疑問と解釈を得る。

多くを知らぬものは、1つの事象から目に映るものだけを捉え、解釈しようとする。

そこだよね。



本は図書館に行けば誰でも読める。

それが、どれほどすごいことなのか。

気づかされる。



下手に点数とることに頭を使うなら、

本を読んで色々な世界を知ったほうがためになるかもしれない。

例えば、小説だって

分野に特化してあることがほとんどだから、読んでいれば

「知」となる。


とにかく面白い

熱い

ゴーゴーと胸が高鳴る



是非一読あれ(*’▽’)



表紙が素敵☆



今日もありがとうございました!!





スポンサーリンク

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください