鬼煙管~火喰い鳥シリーズ

2019年初の投稿です!!

こんなに遅れることになるとは・・・


年始から、小説を久しぶりに読み始めました(*’▽’)

やっぱり小説はいいですね!!


昨日、芥川賞と直木賞の受賞作品が発表されました。

そこで、テレビでは

「最近本読んでますか??」と街頭インタビュー。


年配は読んでる方が多く、若者は

「読んでませーん(^^)/」


でした。



本は、ストレス発散にとってもおススメ

ストレスに打ち勝つには、ストレスと同じくらいのインパクトのある環境に飛び込むこと!!!

と考えていて、大体は


旅行

が一番!!!

なんだけど、ストレスフルな時って

そんな暇ないじゃん。

時間があったらストレスフルにならないしね。


無理やり時間を作るってのも面白いけど、

手軽な「旅行」は、

なんだよね。

っていうか、

冒険

もできちゃう。

結婚

もできちゃう。

それこそ、バーチャルだけどね。

でも、

本当にいい本て

その世界にどっぷり浸かれる。

それで、出てくると、

世界が変わってたりする。

だから、本て止められない。

でもって、手軽に手に入る。

だから、

何となくつまんね~

ストレスフル~

って人にも本はいいよ!!!と言いたい。

ストレスフルなあなたにおススメの本はこちら



最高の現実逃避

今回の直木賞「宝島」が気になる!!私でした。

スポンサーリンク



No.35火喰い鳥シリーズ

今回、紹介する本は「火喰い鳥シリーズ」です。

本の写真
著;今村翔吾


ジャンルは、時代小説でしょうか。

江戸の火消しのお話です。今でいう消防団?消防士でしょうか。

冬は、乾燥しているので火事には気を付けたいですね。

しかし、最近はオール電化が普及したことにより、火事件数は大幅に減少しているようです。

シリーズではありますが、どの本から読んでも大丈夫です。

ちなみに、私は「火喰い鳥」からではなく「夜哭烏(よなきがらす)」から読み始めました。

これが、面白い!!!

で、最初の「火喰い鳥」を読みました。


今回一番面白い、

読むながらコレ!というおススメを考えました。

どれも面白いのですけどね~本当に(*’▽’)

時代小説、昔は歴史を知らないと読みにくいのかと思っていました。

だがしかし、そこは上手くなっていて、

全く難しくない!!

しかも、今はGoogle先生がいるじゃないですか!?

すぐに、聴いちゃえ(*’▽’)って感じです。(笑


で、おススメは

是非一読あれ(*’▽’)

「鬼煙管」にしました。

物語には、長谷川平蔵という人物が登場します。

「鬼平犯科帳」の人ですよね。(長谷川平蔵の息子)

無知ですね~。調べてみると実在した人でした。

長谷川平蔵はせがわへいぞう



「火消し」は火を消す仕事をする人たち。

長谷川平蔵は、「火付盗賊改方ひつけとうぞくあらためかた」というお役目で、今でいう「警察官」みたいなものかな。

「火付け」と「盗賊」「賭博」を主に取り締まったらしいです。


なので、物語でも絡んでくるのですね。

この長谷川平蔵と息子が物語で絡んでくるのですが、

「鬼煙管」の前の巻を読んでいると、分かり易くて思い入れも違ってきます。

この物語を選んだのは、ストーリーの面白さに加えて、

強烈にインパクトに残る場面があるから。

どんなに面白い本でも、終わった後に内容が残っていないこともある。

不思議なんだけどね。

で、ストーリーとしてはあんまり面白くはないんだけど、

まるでそこに存在するように漂っている存在感抜群の本もある。



で、この本と言えば、颯爽としていて

熱くて、哀しくて、最後に残るインパクトが半端ない。


スポンサーリンク



火事の話

時代小説の面白さといえば、その時代の生活感とか文化が分かるってこと。

このシリーズでは特に「火事」についてですよね。

江戸の庶民の家といえば、平屋のイメージ。長屋か。

今は、火事が起こると消防車が出動して消防士が放水活動、人命救助というイメージですが、

江戸では、火事が起こると管轄界隈の「火消し」集団が消火活動にあたる。

で、面白いのが

消火活動の他に、火が類焼しないように家をぶち壊す役割があるということ。

燃えていない家を壊していきます!!

火の行き場を削ぐのですね。

今じゃあり得ないでしょ!!?

燃えてないのに自分の家が壊される~


お金がある商家などは、もしもの時用に材木を確保してあるそうです。

面白くないですか!!笑



歴史上の人物の描かれ方

どんな人にも裏と表が存在して

つるりと

キレイな人は存在しないと思う。


歴史上の人物も同様に、色々な書き方があって

どちらが本物よりよ?

となるときがある。

例えば、「西郷どん」では、

田沼意次という人物は悪っぽい描写で

(抽象的な表現ですみません( ;∀;)

なんだけど、

この本ではそのように描かれていないのです。



そこが面白いところなのかもしれませんね。

歴史とは、真実とはどのようにでも解釈ができる。

それがどの立場の人間から見るかで。


それは、今も同じなのだけど。


できることは、想いを馳せることだけ。



スポンサーリンク



さ~!!!


江戸の

潔さと

人情たっぷりの

温かくて

哀しくて


そんな物語を覗いてみませんか?



きっと、面白い世界が待っています。




火の始末は気を付けましょう。


2019年も面白い本をたくさん読んでやるぜ!!!




では、インフルエンザにはお気をつけて(^_-)-☆

ありがとうございました。









Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください