don’t wanna wage a war!!

スポンサーリンク

 

2018年6月12日米朝首脳会談

様々な意見があるけど、両国のトップが会談したこと、それは本当に素晴らしいことだと考える。

北朝鮮のトップ「キム」さん、よく頑張りましたね。本当に様々な柵があるけれど、若くしてトップにたち、国のトップとして各国のトップと会いに外に出るのは、すごく勇気のある行動だと評価したい。

これからの行動を期待しています。                     (ただ・・両国トップさん、その髪型どうにかなりませんか?)

我が国のトップ「あべ」さん、どうして直接会わないのだ?人に頼んでる場合か。

様々な人が様々な角度からみる。で、私は「戦争」から。

book-漫画・小説

 

NO.1  小4で読んだ「はだしのゲン」 

「はだしのゲン」中沢 啓治

キーワード:マジか~,( ;∀;)

学校の図書館で相当年季の入った質感を今でも覚えている。漫画でシリーズもの。どのようにして手にしたのかは分からない。ただ、今でも「はだしのゲン」が並べてあった棚の場所がイメージとしてある。

 

一言で表現するなら「衝撃!!!」

 

とにかく戦争で被害にあった人の描写がすさまじく、息が苦しくなる感覚に陥る。 でも、読む手が止まらない。              

原爆を投下された国、これからはその体験を「資産」として残し、受け継ぎ、未来に残さなくてはならない。そういう意味で「はだしのゲン」は子どもにも分かりやすく、魂に刻むことができるPriceless book(非常に価値のある本)だといえるのではないだろうか。

スポンサーリンク

 

NO.2  海賊と呼ばれた男 

「海賊と呼ばれた男」百田尚樹

キーワード:熱い,面白い,どんどん読みたい!

この本と出会ったのは、大人になってからだったと思う。ハードカバーで手にした記憶がある。通勤電車を待つ間に読み始めて目頭が熱くなった。映画化にもなりましたよね。映画は見てないけど・・。

 

一言で表現するなら

「日常をぶっ飛ばして夢中になれる本!!」

 

「これイイ!!」

戦後、焼け野原から一人の男が立ち上がる。出光の創業者のお話。石油をめぐる覇権闘争まさに冒険!(表現が拙すぎ・・トホホ)

 

学校で歴史は勉強したけど、戦後~現代までってサラッとしか追ってなくて、分からないことが多い。そういう意味では、こういう本は勉強になる。純粋に「へぇー!!」こんな事があったんだ、こんな熱い人がいたんだ、と面白いし感激する。日本人として過去の偉人を知るって何だか誇らしいこと。

 

現代は、何でも分からないことは直ぐにググる時代。(グーグルで検索すること)

そのやり方が良いとか悪いとかの判断は別として(辞書で調べんかい!?)

その情報の正誤性の検証もあるけど(誤った情報もある)

数個の単語で情報が広範囲に調べられるというのは、凄いと思う。

 

悶々人必見!!

スポンサーリンク

 

 

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください