見えないものを感じる感覚

暑い日が続きますが、皆さんお元気ですか。

 

豪雨被害、甚大です。本当にこころが・・・・イタイ。

私が痛くても仕方ないんだけど。

何気ない日々

忘れそうになるけど

日本は天災の国

何年も

この自然とともに

時に

 

感謝し

 

時に

苦しみ

生きてきたんだ

 

それを

 

忘れない

 

また、這い上がろう

何度も何度でも

そうしてきたように!!

 

スポンサーリンク

さて、今回のテーマは「見えないものを感じる感覚」です。

「なんとなく~だと感じる」

「直観」

私について、少し話そう。

私は、2回ほど「地震」が来る前に「くる!」と気づいたことがある。2回とも妊娠中で、それも就寝中だった。寝ているのだが、足の指先が「ビビッ」ときて目が覚める。同時に「くる!!」と感じる。その後、揺れる。ナマズは、あの触覚?みたいので感知するのだっけ?私は、足先から来た。不思議ですね。それ以外は、ないのですが。(^_-)-☆

 

で、今回は「龍神様」つながりで、

「成功している人はなぜ神社に行くのか?」を取り上げたいと思う。こう書いていると「どこがつなっているのか」とツッコミたくなるさね 笑

今春に、書店で「妻に龍がつきまして・・・」著 小野寺s一貴

を見つけ、興味を持ち購入した。

普通に面白かった!!後で知るが、この手の本、売れてるみたいです。

 

「見えないもの」を感じる感覚は、みんなモッテイテ

「なんかあるよね」って思っているようだ。うん。

 

私は、神社にお参りに行ったことがない。シュウキョウの違いで。

でも、幼かった頃から神社で遊んでいたし、お参りしてみたいと思っていた。ずっと。

で、この機にシュウキョウを退会致しまして、一人の人として神社にお参りすることを心に決めたのだ。

一大決心であったよ、シュウキョウとは家族までしみ込んでいるからのぉ。

でだ、この本を読んでいただければわかると思うけど、

龍神様を知れば、神社を知ることになって、神社を知った時点で、本屋に並ぶ今流行りの本といえば、

「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」となるわけだ。

「全然わかんねーし」

 

それでいいっす!!

あとは、ブログとかね。色々ブログでつながっていくからね。

スポンサーリンク

 

book-実用書orスピリチュアル

 

NO.11 成功している人は、なぜ神社に行くのか?

「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」 著 八木龍平

この本の面白いところは、

プロローグ

科学者が”商売あがったり”になっても伝えたい「神社の真実」

科学者の視点から、わかりやすく論理的に、神社の見えない仕組みをご説明します。

ー成功している人は、なぜ神社に行くのか? 一部抜粋

とあるように、筆者が科学者であり「触覚タイプ」の霊能者であること。

一見、相反する肩書のように感じるが、読んでみるとそうでもなく、むしろ、「そうそう、それを論理的にどう説明する?」てところが分かり易く説明されている。

そう、人って「見えるもの(数字等)」から「見えないもの」を分かろうとする所があって(安心できるのだろうか)、

「だから、すぐ証明しろ」とかなるのだろうけど、

こうやって、説明できる能力があるって本当に羨ましいし、素敵だと思う。

「お金持ち」と「幸せ」と「神社に参拝する回数」は統計学的に説明があり、非常に興味深かった。

 

何度も読みたくなる本だ!!

 

内容の話ではないが、この本には著者の「愛」がすごく感じる。

本のカバーをめくってみるってあまりないのだが、我が家は小人だらけなので、

しょっちゅう本のカバーが取られてしまう。

で、見つけたのがコレ

これは、本の裏表紙。表が鳥居から続く道その先は、神社につながっている。

素敵だ。

あとは、紙!!

「紙がいい!!」

私、「紙」が気になる人で。手帳とかも、毎年「ほぼ日」(書きごこちがいい 笑 )。

柔らかい紙なのです。心地よい。

 

 

 

是非、気になった方は手に取ってみては☆

 

 

それでは、まだまだ暑い日が続きます。

ご自愛くださいね。

 

お読みいただき

ありがとうございました!!!!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください