自分も他人もコントロールしない

今日は、お花を買いました。

子どもが小さくてやらなかったこと。

子どもを理由にやらないことをやめた。

三連休、もう10年くらいやってないネイルもやった。

 

手も花もキレイなものが目に入るとテンションが上がる(*’▽’)

 

 

 

最初に気づいたきっかけは「怒り」だった。

「怒り」をコントロールする?

「怒らないようにコントロールしよう」

そう思っていたことに気づいた。

怒り散らすのは周りが迷惑。そう、迷惑かけられてきたから。子どもの時から。

私にとって「怒る」ことは周囲がイヤな気持ちになるから、やらないほうがいいということだった。

ずっとそう思ってきたけれど、意識はしていなかった。

 

「なんで怒らないの?」と言われたことがあって、いやいや何でここで怒るの?と思った。

でもずっとその言葉が漂っていて忘れられなかった。

 

なんで怒らないの?

 

 

子どもができて、そう小学生が2人と幼稚園が1人と未就園児が1人になったとき、朝が「イライラ」の時間だった。

準備に長く時間が使えるように、朝ご飯は早めに用意して、自分のペースでも間に合うくらいの時間を用意して・・口うるさく言わなくてもいいように時間を作って・・・

 

なのに

 

遅い!!とイライラして怒ってしまう。

 

なんなのこのイライラ。( ;∀;)

 

パパは私がイライラすると「怒らないで~」とすり寄ってくる。

それもまたイライラする。笑

 

何で怒ってもいいじゃない!!

 

そう口で言っているけれど、本当は自分に「怒る」ことを許していなかったのかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

怒りの下を探しに行く

「アサーション・トレーニング」に行き学んだこと、以前にも紹介したと思います。

「怒り」とは生命を守るための「感情」

「怒り」は何かの代わりに出てくる。

「寂しさ」

「悲しさ」

「認めてもらいたい」

など

 

だから「怒り」を隠したら、そのまた下の「本音」を隠すことになる。

 

だから自分が気づいてあげないと。

 

こんな本があるので紹介します↓

 

NO.31「怒り」のダンス

本の写真

「怒りのダンス」著;H・Gレーナ― 訳;園田雅代

著者のハリエット・ゴールダー・レーナ―さんは、心理療法家です。女性の心理に関する研究、特に、「怒り」「葛藤」の処理に関する業績で多くの人に知られているようです。

 

この本で得た重要なことは、自分が行った行為に対して相手がどのように反応したとしても、それは相手の「感情」であること。それは、こちらが受け取らなくともよいということ。

 

例えば、相手の行為に対して不快に思ったことを告げたとする。

相手が自分の発言によって「怒った」という現象が起きる、と多くは理解し、

 

自分のせいで相手を怒らせた

 

と感じる。

 

しかし、それは違うのだ。

 

相手の感情は相手のもの

自分の感情は自分のもの

 

と同じように。

 

振り返ってみると、自分は結構相手の感情まで引き受けていた。

相手がどう思うかを感じ取って

自分が動く、言うという選択

 

カウンセリングの勉強をして「相手の伝えたいこと」を聴いていく、と学んだ。

 

でも、

 

本当に相手が伝えたい事って

 

相手にしか

 

分かんないんじゃね??

 

こっちの推測で「ここか?」というポイントを聴けるのか

 

それって本当に

 

目の前の相手が言いたいことなのか

 

もしかしたら、相手も分からないかもしれないし

 

 

何が言いたいかというと、

こちらが慮ったとしても

本当のところ相手の何が分かるのか、ということ

 

結局はこれまでの経験や自分を通しての「推測」でしかない。

 

だから、相手が「先」じゃなくて自分が「先」でいい。

 

わたしは、こうしたい

私は、こうしたくない

ぼくは、こうしたい

僕は、こうしたくない

 

それをどのように伝えるか。

相手が「怒って」離れていってしまったら、それまでか~。

 

さよなら~

 

自分の感情が先

 

怒りのコントロールは手放す

 

「怒り」は悪じゃないと

過去の自分に言ってあげたい

 

例え、近しき人が「怒り散らして」嫌な場があっても

それは「受け取らなくてもいい」

 

心で「受け取らない」「受け取らない」と呟くこと効果アリ☆

 

もっといえば、空気は感じない、読まない

 

創ってしまえ!!!

 

 

自分の「怒り」は感じて、「本当は何に怒っているのか」「何を分かってほしいのか」を自分がわかってあげる。

コントロールはしないで、何を訴えているのかを

わかってあげる。

 

スポンサーリンク

 

自分も他者もコントロールしない

 

最初に戻ります。

朝、登校時間のイライラ( ;∀;)

どうしたらいい??

 

パパと何度か話た結果、

 

私がしたいと思っていたことは、

 

「皆が時間通りに準備して、時間に間に合うように出発できる」

 

でした。

 

その為に、子どもを動かそうとしていました。だから、思うように子どもが準備をしない、遊んでいるとイライラしていました。

 

私は、「その場」を「時間」を「人」をコントロールしようとしていた。

 

それに気づきました。

 

 

で、そりゃぁ無理だわって話になった。笑

 

 

神かお前は!!!

 

(笑

 

だってー時間通りに行けなかったら

 

私がどんな親なんじゃ!?とみられるじゃん。

私が周囲にどう思われるか

気にしてんじゃん!!!

 

いや~

 

器小っ

 

もうそんな境地にいない私☆と思っていましたが、

 

大間違い。

 

 

周囲を気にしまくり

 

イイ親に見られたい

 

見栄っ張りな

 

おかあさんでしたー!!!

 

 

マジ

 

そいういうの卒業したい。

 

で、振り返ってみると結構、他者をコントロールしようとしているエピソードがごっそり見つかりまして・・・

 

私って

 

マジ下水(くさっ)

 

40近くになって気づく。

 

日々のコントロールを

 

手放そう

 

 

 

他者も

 

自分も

 

ただ、シンプルに。

 

子どもに口うるさく「部屋片づけといてよ~」と言ってもいい。

でも子どもがやるか、やらないかは

子ども次第。

 

怖いよ~

 

子どもがどのような選択をしても

子どもを愛するのが

究極の

 

あい

 

かな??

 

この「どのような選択」が難しくて、

 

親は四苦八苦しますね・・・

 

でも親は

 

ただ信じてやればいい

 

本当にそれだけかもしれない。

 

だって自分で「自分の人生」決めてやってくるのだから。

 

 

 

今回もお読み頂きありがとうございました(*’▽’)

暖冬といえど、

冷えるものは

冷える!!!

 

どうかご自愛ください(^_-)-☆

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください