神の子

2018年なつ㋇に入りましたね。

今朝けさ、ラジオで「平成最後へいせいさいごの夏」と言っていました!!

「!!!」

「そうだ!!」

平成最後へいせいさいごの夏だ!!!(‘ω’)」

昭和しょうわ」から「平成へいせい」に変わったときは、10代でしたが、何だか分からないけど不思議ふしぎな感じがしました。

まあ、平成最後と言われても何をどうするというわけではないのですがね・・笑

スポンサーリンク

 

さて、今日きょうひさしぶりに「夢中むちゅうになれる本シリーズ」できたいとおもいます。

 

book-小説

 

No.13 かみの子 上・下

かみの子」上・下  著:薬丸やくまる がく

驚異的きょういてき頭脳ずのう少年しょうねんは、不遇ふぐうちをいた。

ただ1人友がいた。

その友と運命うんめい翻弄ほんろうされていくが、ここでもまた生きる姿から目がはなせない。

人のあたたかさを知り、少しずつ何かが変わっていく・・。

 

テンポよーし、シリアス、あつい、先がみたくなる!!!

 

面白い本に出会うと、その作者さんの本を調べて読む。薬丸岳さんの本は「天使のナイフ」の表紙に覚えがあった。しかし、あらすじを読んでみてもピンとこない。江戸川乱歩賞えどがわらんぽしょうを受賞しているのだよね。また、手に取ってみたい。

 

上記じょうきしたが、この少年かなり不遇ふぐうな生い立ちを生き抜いた。「生き抜いた」という表現ひょうげんは、どういう意味いみかというと、まず文字通もじどおりよく死なずに生きた、生きるための行動ができたというべきか。もう一つは、「どうせ俺は~できない」という看板かんばんを持たず、目の前のことを受け入れ、考え、行動し、差し出された温かさを少しずつ受け入れることが出来たということ。それは、明晰めいせき頭脳ずのうの持ち主だからと言われればそれまでなのだが。

不遇な生い立ちを生き抜く力を「リジリアンス」というのだが、長い人生において「最後さいごはプラスマイナス0」ってきいたことはないか。以前も記したが、「人は生まれてくる前にどのような人生を生きるかおおよそ決めてくる」が前提ぜんていで、その目的もくてき各々おのおのちがうかもしれない。(あいをまなぶためだよー( ´∀` ))だとしたら、幼少期ようしょうきの暗い体験は、人生という「本」に例えるなら「序章じょしょう」で、その後が「人生=この本」のクライマックス。それに気づけたら、「体験たいけん」そのものにまれてしまわないで、次の「本章ほんしょう」に入らなくては。

長らく「こころの分野」では、幼少期の体験がその後に及ぼす影響えいきょう強調きょうちょうしてきたように思う。

 

この前提を持っていると、過去にとらわれてしまう。

 

心理学では「他人と過去かこえられない」という。

 

けれど、ある人は言った「他人と過去は変えられる」

 

これってどういう意味いみなんだろうね。

 

 

 

それでは、また1つ楽しいたびを!!!

 

 

読んでいただきありがとうございました!!

 

暑い日がつづきます。

 

自愛じあいくださいね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください